ホスティングの意味と種類について

インターネット用語の1つにホスティングがあります。



ホスティングとは、インターネットサービスプロバイダなどが、顧客からのメールサービスやウェブサービスを預かることで運用を行うサービスのことを言い、基本的には、企業等がサーバを借りることで行われています。企業がサーバのレンタルをする大きな理由としては、大きくはコスト増の回避があり、運用や保守、IT資産の所有に関しての費用を削減できることがあります。
ホスティングで運用されている代表的なサーバとしては、Webサーバやメールサーバ、DNSサーバがあり、効果的に運用をすることで、データベースの作成など業績向上にもつなげることが可能となります。


また、セキュリティ面も充実しており、24時間体制の監視の実施や、障害発生時のメンテナンス、ウイルスや大規模な攻撃があったとしても迅速に対応をすることができるようになっています。

ホスティングでは、一般的には、1台のサーバを複数のユーザーでシェアする共用サーバレンタルと、1ユーザーのみでレンタルする専用サーバレンタルの2つが利用されています。


特徴としては、共用サーバレンタルの場合には割り当てられるディスク容量に違いはあるものの、安い費用で借りれる点があり、Webサーバやメールサーバなどのソフトウェアも事前に導入されているために、申し込み後すぐに利用することができます。

マイナビニュース情報を検索しましょう。

反面、複数のユーザによる使用のために、高い付加がかかるアプリケーションの禁止や、転送量などに制限がされる場合があります。専用サーバレンタルの場合には、自由に運用できる点や、申し込み時にスペックの変更ができる点があります。

反面、利用においては、運用や管理にスキルが求められます。



また、サポートに関しても限定的な内容となっていることが多く、セキュリティリスクを負う可能性があります。