ホスティングの専有型と共用型

ホスティングサービスには大きく分けて2つの方式があり、1つのサーバーを専有するプランと複数人で共用するプランがあります。

両者とも個別にサーバーを建てるよりも安く済むので利用する企業が増えています。


また、便利な点が多いので個人でも利用する方が多くなっています。
ホスティングサービスを選ぶ際に共有型と専有型どちらを選ぶかは負荷で考えるとよいです。


特にWebについては表示速度が影響してくるので注意が必要です。



一般的に月に数万PVレベルであれば共用型でも問題ないケースが多くなっています。


企業サイトの場合、爆発的にアクセスが増えるというよりも徐々に増えるか、一定のPVであることが多く、表示速度についてはあまりきにしなくてもよい場合が多いです。

マイナビニュースの情報なら当サイトにお任せ下さい。

このような企業には共用型で十分なのですが、顧客サポートの一貫でブログを開設している場合には専有型でないとレスポンスが悪いほどのPVを持つ場合も少なくありません。



用途に合わせてサービスを選ぶことが大事です。

メールについては数千アカウントレベルでないと必要ないケースがほとんどです。
ただし、画像やプレゼン資料を添付して転送することが多い企業は専有型を選ぶ方がレスポンスは上がることが多いです。


ホスティングサービスによってはWeb容量もメール容量も無制限という場合も増えています。


ただし、通信量が増えれば通信を制限することが共用型ではありますので規約等をしっかり調査しておくことが大事です。